2006年12月31日

〆め

いよいよ本年も最終日となりました。早朝から野山に芝刈りと(打ち納め)いきましたが、結果はまずまず、
立ち直りのきっかけを見つけてめでたく納棒いたしました。


本年を振り返ってみましょう。このブログにてモーツアルトイヤーの年の初めに立てた目標ですが…、


・ 交響曲全曲…クリヤ

・ ピアノ協奏曲全曲…クリヤ

・ オペラにチャレンジ…未達


と歌劇のアイテムのみ未達となりました。なにせ、ワタシのもっとも不得意とする分野でして…。これからの課題ですね。

モーツアルト以外に今年もマーラーをたくさん聴きましたねぇ。聴いた数の順から言えば、


@ 第6番

A 第4番

B 第9番

C 第2番

D 第1番


の順でしょうか。そうです、今年は6番にはまったのです。

バルビローリ、コンドラシン、井上道義、ボンガルツ、テンシュテット、エッシェンバッハ、ヤンソンス etc、etc……、
何枚購入し何回聴いたのか。でもこの曲に関してはいまだに座右の盤を見つけれずにいるのです。

そして秋以降は「のだめ」にやられました。毎日ベト7やラプソディー・イン・ブルーをカーステレオで毎日誇らしげに聴いておりましたな。


さて、最後のCDはやっぱり第九でしょう。まさに本日届いた、中古盤です。演奏はフランツ・
コンビチュニー指揮ライプチヒ・ゲバントハウス管。往年の名盤です。

LP時代から廉価盤で有名でしたがワタクシは今回初めて。


これはいいです。まさに巨匠的アプローチの枯淡の演奏。第1楽章の主題のテンポとタメは涙もの。
第2楽章も旧東ドイツの伝統オケが絶好調であった時代の重い響きが素晴らしく、残響多目のくすんだ録音の古めかしさもベストマッチでしょう。


第3楽章は少し抑え目にクールに流した感じ。ここは少し情感を望みたいところ。でも悪くない。

終楽章は…、独唱陣が有名どころの陣容です。でもね、テノールのマーチは美しすぎますね、声が。しかし心地よいテンポだ。

クライマックス以後は合唱の力不足か、少し迫力不足やったか……。

でも悪くないでしょう。

☆☆☆☆

posted by にこらす at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ウェブログ・ココログ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする