2017年06月11日

ブルックナー: 交響曲第8番 朝比奈隆

今日は夜から雨ですかね。
さきほど大阪から帰ってまいりました。
次週末もヤボ用で関西方面に出かけるため、昨日のフィルムコンサートの感想をUPしておきましょう。

asahina_SymHall

朝比奈隆オン・スクリーンと銘打たれたこのフィルムコンサート。
その夜の部(第3部)のみ出かけました。2001年7月7日、この場所と同じザ・シンフォニーホールで行われた演奏会の記録です。

音響効果良好との認識のこのコンサートホール、ステージ奥に巨大なスクリーンが吊り下げられ、その前の方(客席側)にイクリプスの例の紡錘型フルレンジスピーカが10基、半円状に並んでます。

で、その音響効果なのですが、驚愕もしたし、「こんなものか」とも思ったりしました。
演奏自体は朝比奈氏の大阪最後の演奏会で、内容はお墨付き…、おやっさんの正統派ブルックナーでした。でも観客の熱狂は凄かったね。この時期はこんな感じで神様扱いでしたね。

とにかく驚愕したのは臨場感の素晴らしさ…。
目をつぶっていたらまず目の前にオケがどっしりと腰を据えているような感じでした。これはホールトーンの素晴らしさとも相まっているのでしょう。もと音源自体がこのホールでしたからねぇ。
特に驚愕したのが最後のカーテンコールでの大拍手とブラーボーの大合唱の臨場感はもう感動の涙を誘いました。

不足していたのは何だろう…。
ダイナミックレンジは十分だっと思うのですよね。
オケ全体fffとなる場面でも、音量自体は実物に近い風圧を感じましたし…。
でも各楽器のソロ場面では問題なくて、金管が重奏する場面など、もっとハリがあるように思うのですね。弦楽でももっとツヤがあっても良さそうな気がして…。
ひょっとして、このspの特性なのか、高音が足りないのではと…。
ホルン9本がバリバリ鳴る場面などに、少々物足りなさを感じたことはありました。

でも、総じて驚愕が圧倒的に勝っていましたね。
このホールでこのサウンドシステムで…。臨場感とプレゼンスは完璧です。
(たかが)1基50万ぐらいのspでしょ…。チケット2000円オッケーですよ。
できるならもっとオーケストラのフィルムコンサートをやってほしいと思いながら、大満足で実家に帰りました。

posted by にこらす at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

シベリウス: 交響曲第2番ほか 読売日本交響楽団大阪演奏会

天気ハッキリしない3連休。
わがシブチン社は(当然のことながら)本日出勤ですが、年休いただいちゃいました。
(実は)通常定年まであと1年を切っています。月一くらい休みもらっても誰にも文句はもらいません。ま、マネージャー職の中には、一年に取るお休みが二日だけとかの人もいます。
休み取らないことが評価されるような会社はねぇ…。
今週は明日が東京出張なんですが、お昼からなので明日はオフィスに顔出すように命じられていますな。

YomiuriNippon

で、このお休み、大阪に行ったのはコンサート。
於ザ・シンフォニーホール。
オスモ・ヴァンスカ指揮読売日本交響楽団の演奏会です。
曲目は、
@シベリウス:フィンランディア
Aラフマニノフ: ピアノ協奏曲第2番
  リーズ・ドゥ・ラ・サール(pf)

Bシベリウス: 交響曲第2番

という王道のプログラムでありました。
自分の席はオケ後方左側、結構後ろは好きなんです。各パートの音がよく聞こえますし。

フィンランディアはいたく感動しました。
激しい金管がててもよく聞こえてメロディが心に響く感じ…。演奏会では何度も聞いた曲だけどこんなに感動したのは…。

ラフマニノフのピアノはフランスの若き麗人でありましたが、これが超個性的…。
冒頭のソロの出だしからメロディを折ってタメておられました。これはスゴイと予感した通り、サビのオケ全奏ではグッとテンポ落として素晴らしきアピール…、面白かった。
合わせるヴァンスカさんはタジタジの様子で、これなんですかね。開場時間に行ったのに
「ただいまリハーサルが長引いておりまして…」
と、20分ほどホールに入れてもらえませんでしたのです。
それだけにこんなに個性たっぷりの演奏に巡り合えたことに感謝です。

ラ・サールさんのタッチはさほどのテクニックは感じませんでしたが、まろやかでかつ饒舌…、ロマンあふれる名曲が堪能できました。
アンコールはドビュッシー。

で、シベリウスのシンフォニー。
これ、大好きな曲なんです。
ヴァンスカさんの指揮はさすがに堂に入っていて、現代的なキリリとしたシャープな演奏。後ろのヒナ壇から見ておりますと、各楽器の活躍がよ〜くわかります。あと、読響のヴァイオリンの弱音がキレイなんですよね。
おっと、そういや、コンマスは日下沙矢子さんでしたね。つくづく(近くなんでとてもよく表情がわかります)美人だなぁ〜、と思いつつ聴き入っておりました。
ヒナ壇の席は本当に弱音がよく聞こえるし、音も大きい!
団員の息遣いが感じられるようです。
これはホールのせいかもしれないけど…。京都コンサートホールだとヒナ壇はこんなには聞こえなかった記憶もあります。

くだんの第3〜終楽章の盛り上がりも抜群で、涙しながら聴いておりました。あっという間に終演のブラボー…。
なんと、アンコールを演じてくれて、これは
「悲しいワルツ」
良かったねぇ。

posted by にこらす at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

チャイコフスキー: 交響曲第6番 ロジェストヴェンスキー

わがシブチン社は3連休中です。
私的には18日に年休をいただいておりますので、4連休ということになります。
今朝早く新幹線、新大阪から乗りましたが、やっぱり下りのほうはエラい混雑でしたな。自分は上りののぞみ自由席、大阪始発でしたから楽々座れましたが京都あたりでは満席となっていました。

で、その金曜日は、大阪フェスティバルホール。
おととしに大改装をしたいたそうですね。
長らく行っていなかったので、そんなことは全然知りませんでした。開場を待っていて少々感慨に浸りましたね。高校〜大学時代にカラヤン/BPOをはじめ、名だたる名門オケの公演に接したのはこのホールでしたから…。

公演はマーラー3番です。
大植英次さん指揮、大阪フィルハーモニーの演奏。
フル四管、クラリネットが5本、ホルンは9本です。あと、バンタにポストホルン(これはうまかった)。弦は第1第2チェロヴィオラの通常配置でしたな。
期待の通り、大植さんの指揮は遅く、粘ってテンポが目まぐるしく動く…。
タイミングは110分を少し切るくらいだったから、第2番で90分以上演じた大植さんにしてはそんなに遅くないレベルでしょうね。確かに、(速度を)めちゃ落としてテーマを歌わせる場面もあったけど、大加速して疾走するのも多かったですから。

でも、よかったですねぇ。ブラボーも凄かったし。自分の求めるマーラー像にはバッチリではなかったけど、相当心を揺さぶられました。

Tchaikovsky6_Rozhdestvensky

と、いうことで、CDの記事も少しUPしましょう。
実家にちょいと泊まっていて、今朝帰宅後に趣味部屋で少々作業しながら聴いております。
CDはチャイコフスキーの悲愴交響曲。ゲンナジ・ロジェストヴェンスキーさんのロシア色濃厚演奏ですよ。
これ、金管がベロベロ強烈に鳴って、これはこれで、ロシアの音を感じさせる素晴らしい演奏なんですけれど、音がねぇ…。

最初からいい音で鳴っていますよ、でもね、大音響のところでレヴェルを落とすのですよ。それでも少し割れたような音…。
アナログ時代のソ連の音源って、こんなに状態良くなかったのかと、泣かされる演奏でした。とっても面白いのに損してる。
☆☆☆

posted by にこらす at 17:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 演奏会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする