2020年03月07日

ホルスト: 組曲「惑星」 マゼール

今週もこの話題から離れられません。
中国発の感染禍は、一層に留まるところを知らず。
我がシブチン社においては、地方都市の有利さもあって公共交通機関による通勤は全体の1割ほど…。
だから、「通勤が危ない」と言われるケースは都会よりずっと少ないと思われます。

しかし、テレワークの環境は全く整備されておらずデスクワークの部署なのに朝決まった時間に出勤しないといけません。
フレックスなどと言いながら、朝の定時時間に朝礼なるものを行うのは何なんだろう。

ちなみに自分の役職では、いつでもテレワークできる機器(端末)が試用中にて与えられておりますんですが…。

Planets_Maazel.jpg

今日の音楽はホルストの組曲「惑星」
これをロリン・マゼール指揮フランス国立管の演奏で聴いとります。
実はマゼールさんは1930年3月6日の生まれ。
ご存命であれば、満90歳のご誕生日であったということです。

私にとってとくべつに特別な指揮者であったがゆえに、この人の音楽は生涯追い続けていきたいと思っています。
そういうことで、Spotifyの検索を行うも…。
→非常にたくさんの音源が検索ヒットしました。
ただし、21世紀以降のテラーク盤や、ごく最近のNYPOやミュンヘンpo時代のライブ音源が少ないのが寂しいんです。

♪♪
いろんな国の様々なオケを指揮されたマゼールさんですが、、このオケを担当したのは80年代でしょうか。
この「惑星」も素晴らしいデジタル録音のダイナミックレンジの広さと併せて、とても豪快でスケールの大きな演奏をここに聴くことができます。
有名な「木星」は案外スッキリやっていますが、それ以降の「土星」「天王星」の迫力がすごいです。

そして、「海王星」における可憐な女声合唱に痺れましたね。
☆☆☆☆☆



posted by にこらす at 14:32| Comment(2) | ネット音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 私もマゼールさんは好きです。このジャケットは懐かしいですね。とても良い音で、その昔よく聴いたものでした。
 以前は、LPでは、ベルリン放送交響楽団の監督時代の演奏をよく聴きました。彼がまだ30代の頃だったでしょう。ドヴォルザークの第9番やモーツァルトの40,41番などです。切れ味が鋭くて、スカッとした演奏でした。最後まで魅力的な指揮者でした。
Posted by バルビ at 2020年03月11日 05:10
バルビさんこんにちは。

そうですね。マゼールさんの音源は50年にわたって広いレパートリーでありますから、そういうのが楽しいですね。
自分もDG録音、BPOを振った音源を非常に興味深く聴いています。

コメントありがとうございました。
Posted by にこらす at 2020年03月14日 06:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: