2020年02月23日

シューマン: 交響曲第1番「春」

本日は日差しがたっぷりで室内に居る分には非常に心地よい。
昨日は温度が高かったけど、それはひどいお天気で、趣味部屋は寒々としていました由。

Scumann_Luisi.jpg

久々に2日とも家にいる週末です。ブログの記事をupしましょう。
昨日あのあと聴いたシューマンはティーレマン指揮ドレスデン・シュターツカペレの演奏。これは非常に重厚、まるでフルトヴェングラーを聴くような演奏でした。
コイツはおおいに当たりでしたわけで。

で、本日も凄演を発掘しました。
ファビオ・ルイジ指揮ウィーン交響楽団の演奏は、2006年2月の録音とのこと。
すでに14年も経過していますが、その内容の瑞々しさは…、筆舌に尽くしがたい。

ルイジさん、マーラーのCDぐらいしかおなじみではないのすが、昨年末にBS放送(BS朝日だったか)で見たマーラー1番の映像(サイトウ・キネン・フェスティバル)が結構注目の内容であったため。

そしてこれが、とにかく凄い演奏であるということを発見しました。
ま、凄演と書いたけれど、傍目には
「爆演」
と評すべき異端さですワな。

何が凄いって、やっぱりそのテンポの動かし方。
第1楽章、曲の入りは重厚で陰鬱。これは昨日のティーレマン以上の重さであって、その後、春らしいかの第1主題では激加速して速度は倍以上にもなりそう。気持ちはわかる意識高揚とした楽しさを表すに絶好の表現と思いました。
そして、ティンパニの叩きがまたすごく、更に演ぶりを盛り上げていると言えるでしょう。

この第1楽章冒頭の動きがすべてを表し、その傾向は全曲を覆い尽くしている徹底ぶりだった。
ネット検索すると、かの
「クラシックは死なない」
の著者松本大輔氏がその著書に取り上げているほどの爆演でありました。
まさにワタシの感性と被っていたことに非常な共感を覚えました次第。

ルイジ氏のその意気に心から敬服し、本日の記事となったわけ。
Amazonの評は良くないけどね。

☆☆☆☆☆

posted by にこらす at 11:53| Comment(2) | ネット音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ファビオ・ルイジさんの、この「春」の演奏は非常に興味深いですね。もともとこの曲は大好きで、昔はそれこそ「浴びるほど」に聴きました。サヴァリッシュさんの名盤です。颯爽として瑞々しく、闊達な表現と、その音質の良さに痺れていました。このファビオさんの演奏は「爆演」だそうで聴きたく思いました。
 今週末29日・土曜日はいよいよ、久々のマーラーの「復活」。しかも響きの良い新設のア芸術劇場での公演。我が群響定期、指揮はアルミンクさんです。期待感が高まってきました。
Posted by バルビ at 2020年02月24日 17:44
バルビさんこんにちは。
アルミンクさんのマーラー「復活」、どんな感じだったでしょうか。
ひょっとしてコロナのせいで中止だったりして…。

世の中ヤバいことになってきました。

コメントありがとうございました。
Posted by にこらす at 2020年02月29日 16:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: