2020年03月28日

シベリウス: 交響曲第2番 パレー

期末最終週。
エライ期末になりました。
メーカーさんも商社もサービス業もあかんのではないでしょうか。
コレ、間違いなく21世紀最大の危機(人的にも経済的にも)となりました。
先進国の多くが動きを止めていて、我が国だってもう少し徹底してやったほうが良いと思うのだけれども、これからどうなることやら。

毎日毎日報道番組なんか見ていて、恐怖心ばかり先立つようになりました。
あいも変わらずノウノウと会社に出向いていて大丈夫か…?  (ま、行き帰りは公共交通機関を使わないから、ときよりはリスク激減だけど)
なんとかこれから暖かくなって下火に向かわんもんだろうかと願うばかり…。

そしてともかくももう、煽り立てるような報道には右往左往しないようにしたい。

でも、今のところうまく行っている隣国(韓国)からなにか学ぶことは無いのでしょうかね。

Paray.jpg

音楽が少しでもストレスの解消になればと…。

ということで、スカッと爽やかな演奏を求めて、この人の音源にたどり着きました。ポール・パレー氏。19世紀生まれ、フランス人。
20世紀なかば、マーキュリーブランドに録音した数々の音源はどれも注目すべき個性的なものです。

まあハギレのいい演奏とはこのことです。
氏の育てたデトロイト響は絶好調、強靭な合奏力と強力な金管類に支えられて、一気呵成に進むパレーの棒に一糸乱れぬアンサンブルでついていきますね。

なんと言っても特筆モノは、その録音の鮮明さ。
マーキュリーレーベルの
「Living Presence」
なる録音はなんと1959年らしいです。
この時代のRCAの「Living Stage」とならんで双璧の素晴らしさですな。
こういう技術はアメリカ本土が一歩先んじていました。

トスカニーニがシベリウスやったらきっとこんな演奏だったでしょうね。
とにかく第4楽章の導入部分の高揚度といったら…。このテンションの高さは比類なきもの。
そのテーマのリフレイン時にはさらに激烈でありました。
思惑通り気分爽快だね。
8'37"/12'29"/5'20"/12'41"

ともかくも、破天荒テンションの激烈演奏でした、最高。
☆☆☆☆☆
posted by にこらす at 14:17| Comment(2) | ネット音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする