2019年03月31日

マーラー: 交響曲第9番 ショルティ

昨日、午前中に元出向先の方々とショートコースを機嫌よくラウンドして帰宅。食事後くつろいていると、胸がキューと突っ張る。
試しに脈拍をとってみると、脈が時々飛ぶような感じやんか。
これはいわゆる不整脈といわれるヤツだろう…。でももう土曜も午後になっちゃったし月曜まで放置して大丈夫か、と不安になりネット検索すること数分、宅からそれほど遠くない場所に土曜午後も診察している循環器科があるのを見つけ、行ってきました。

待たされること1時間余り、その間ずっとドキドキと脈飛び。
いろいろ調べてもらった結果、原因不明の頻脈と不整脈ということに。

とりあえずは急を要する病気ではなさそうではあるが、これを誘発させた原因がなんかあるはずと、尿検査とか血液取られたりしました。ストレスがあるのではないか、夜寝れないのではないか? と何度も聞かれるが、高血圧も心電図の異常も含めてこれまで全然ないんですよねコレが。
ただひとつ引っかかるのが、腰の神経症で服用している薬品。調べてみると頻脈の副作用が報告されています。
帰宅してしばらくして症状は徐々に収まり始めましたが音楽など全く聴く気になれず。
就寝の頃には通常に戻っていましたけど。
明日、整形外科の定期検診に行くのでお薬のこと、先生に質問してみましょう。

今週は金曜日に年休をもらって京都にお花見旅行の予定がありまして…。ま、数日様子を見て問題ないと判断すれば予定通り決行していいでしょう。


https://www.amazon.co.jp/Mahler-Symphony-No-9/dp/B00000E2L6

音楽は継続中のマーラー9番。本日はSpotifyではなくCDリッピング⇒FLACファイル再生。
第9番には最も似つかわしくないな、というイメージをかねてから抱いているジョージ・ショルティ指揮シカゴ響のもの。1982年録音とのことです。
遅い第1楽章は堂々の30分オーバー、とても精緻なアンサンブル。基本イーブンペースを貫いて抑揚が少ないようにも思えたが、金管がすごい迫力でした。録音が優秀でとても広いダイナミックレンジ。

第2楽章も遅い目のテンポ。でも揺れない、ブレない歯切れ良さ、精緻で余裕なホルン、オケがうまい。
第3楽章ロンド、ブルレスケ。これも比較的遅め、テンポは振れない。
最初のトランペットのファンファーレの後も減速は少なくそのまま行ってしまう感じが興ざめで、もっと揺らしてほしい。最後の加速はいい感じで迫力たっぷり。

終楽章アダージョ。全般24'38"は今どき速めのタインミング。
これも精緻なアンサンブル、透き通ったクリヤな弦はとても美しい。しかしそこに情感が見え隠れしない非常にクールな音楽、これはショルティの真骨頂なんだね。
☆☆☆☆

 

posted by にこらす at 15:06| Comment(2) | クラシックCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

マーラー: 交響曲第9番 シノーポリ

今日もパッとしないお天気の土曜日。
そして、寒い。「もう春になったな」と油断し始めた途端にこの寒さかい。昨年はそれで体調崩したっけね。

朝一番からお医者で定期の検診、その後スポーツクラブに行って鍛えてきました。
あとは室内でのんびりといきたいもの…。

連続聴きしていたブルックナー9番は今週も第1楽章のテーマが頭の中をグルグル回っていたけれど、そろそろ脱却してくてはいかん…。
と、いうことで最後に超弩級の2演奏、即ち、
・マゼール指揮バイエルン放送響
・チェリビダッケ指揮ミュンヘンpo
を聴いて最後としました。
2つともタイプは違うが超激遅の劇的入魂演奏で、もうゲップが出そうなぐらい濃厚なブルックナーであったわ。
これで十分に担当できたと言えるでしょう。
でもテーマはまだ頭から離れないんだけど。


https://www.discogs.com/ja/Gustav-Mahler-Richard-Strauss-Giuseppe-Sinopoli-Staatskapelle-Dresden-Symphony-No-9-Tod-Und-Verkl%C3%A4r/release/10326505

ということで、ここは趣旨変えにて来月に控えた演奏会の曲目をフォローしましょう。
マーラー: 交響曲第9番です。
演奏はジュゼッペ・シノーポリ指揮ドレスデン・シュターツカペレ。1997年4月のライブ録音。

これも「超弩級」に近い重厚演奏であって、Total 93' 31"のタイミングは最長クラスのテンポ設定です。
特に32' 57"を要する第1楽章アンダンテ・コンモトは超微速の前進速度ですが、長さを感じさせない妖気。重苦しい雰囲気の中でも実に素晴らしく音楽は鳴って、マーラーの奏でる怖〜い音楽を表現してくれています。終盤のフルートとヴィオラのソロがこの上なく哀しい。

第2楽章は激遅ではない。でもところどころでの強烈なタメに鳥肌。
第3楽章も14' 14"だから速くはない。というか、普通のテンポ。前後関係から行けばこのぐらいのテンポで正解でしょう。
重厚で深い残響。
ポイントのトランペットが念入りでそこからのテンポダウンが凄く、テーマを実にネッチリと歌うではないの。それでこのタイミングとなった訳かと納得。

アダージョも29' 12"と十分。
弦の高音は「透き通る」とまではいかず、少々くぐもっているけれど残響はいい感じで、これがいいかも知れない。最後はまさに、死に絶えるように終わった。
☆☆☆☆☆

 

posted by にこらす at 15:18| Comment(0) | ネット音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

ブルックナー: 交響曲第9番 クレンペラー

ハッキリしない天気。今朝夜明け自分に(至近)GSに給油に行った際見た車載温度計は外気4.0℃を示していました。
だから最低気温自体は真冬とそんなに変わらないんだな。

でも、春はしっかりそこまで来ているみたい。友人のFacebook記事からは、近くでソメイヨシノがチラホラほころび始めている事実を伝えていました。
そうそう、実は4月第一週に京都を旅行する予定なのですが、そこまで持ってくれているだろうかねぇ…。

今週は水曜日に余った年休の消化をすることを決めています。まだ10日ぐらい残っているけれど。
余ったパソコン周辺機器の売却のため、ネットオークション出品作業の予定。


https://www.amazon.co.jp/Bruckner-Symphonies-Nos-4-9/dp/B008YKRRH2/ref=sr_1_1?s=music&ie=UTF8&qid=1552799859&sr=1-1&keywords=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%A9%E3%83%BC

今日もブルックナー9番の聴取。
心揺さぶる演奏をまた一つ見つけました(というか、CD持っていますけど、見つけたのはSpotify検索)。
オットー・クレンペラー指揮ニュー・フィルハーモニア管の演奏は1970年2月のスタジオ録音。

少々残響の少ない音が非常に残念ですが、クレンペラーの指揮する音楽は素晴らしい。
指揮棒を振る手は思うように行かない、アインザッツは乱れる、音が濁る。でもその激遅いテンポの中で偉大なクレンペラー翁の魂の音楽は弾けている。金管は強烈で、魂が叫んでいる。
同じようなスタイルでも60年以前、ステレオ最初期の時代のスケールの大きさは健在、特に第1楽章20分以降は魂の叫びが響き渡る。

スケルツォは案外悲壮感のない行軍。トリオも明るくて軽いのはなんだなぁ。
終楽章はテンポ運び、テーマの歌い方節回しなど満点。
2’02’’からのファンファーレもラッパが素晴らしく鳴り響いた。弦の悲しいテーマも重厚に歌う。
終焉部もバッチリ決まった。
☆☆☆☆☆

posted by にこらす at 14:59| Comment(0) | ネット音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする